堀田行き急行の“鉄”ブログ
鉄道好きの学生の鉄道日記です。まだまだ駆け出しですが、 鉄道好きに履歴は不要です! 更新は気まぐれかも…でも、見て行って下さい!
プロフィール

堀田行き急行

Author:堀田行き急行
‘鉄’ブログへようこそ!
管理人の堀田行き急行です。
鉄道ファンの学生をやってます。
とうとう大学生となってしまい、
ステージも変わると思いますが
活動は怠らないように(汗・・・
現在使用中のカメラは、
CanonのEOS 7Dと
サブにEOS 40D
コンデジにIXY DIGITAL800IS、
おまけEOS10QDの計4つです。
使用レンズは主に
・TAMRON 17-35mm F2.8-4.0
・TAMRON 28-75mm F2.8
・EF 28mm F2.8
・EF 50mm F1.8
・EF 70-200mm F2.8L USM
・EF 70-200mm F4L IS USM
です。いい写真撮れるよう頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小遠征、倉敷へ! 1、新幹線初の本格撮影(1)
つい昨日、塗装の復活を遂げた0系に会いに、
名古屋→(N700)→新大阪→(0系)→相生→(在来線)→新倉敷…
と行ってきました!

新幹線を2回とその他を1回、計三回のシリーズで書いてきます。
まずは新幹線パートワンです。
100系、そっちからくるのね・・・
新大阪にて、博多方からの折り返しと思ってたら名古屋方から…
ごく普通の家族連れさんもカメラを構え、駅員さんの注意も…
まぁ、すべてのお客さんの安全のためですからね。。
来たーーー!原色…
きちゃいました・・・
時刻は7時45分、在来では間に合わないというアクシデントを乗り越え、
ついにご対面です…    いや~… 良いですね…
年の差は20年!?
抜かれる場面、これはタイミングがかなり難しい…
どうしても影になってるので音しか判断材料がなくて…
ここはやっぱり勘を磨くしかないんでしょうか?
エヌ、二本目~
あっというまに相生に到着、これまたエヌに道を譲ります。
もっとアップしておくべきでしたね。。難しい!
うおぉ~!!500系!
発車寸前、トンネルから光が近付き、やばい!かぶる!と思ったら…
鉄路のスーパースター、500系が!!
話題もちきりの2系列の並び(!?)、完成度は低くとも、満足です!
疾走
さぁ発車、横から撮るなら流しでしょ!
と、流し。
どうしてもスピードでないんで、、結構難しい。


いったん新幹線を離れ、交通費削減のために在来で移動。。
この様子は次回へ回し、続いては新倉敷です。
もやもや・・・
なんか出てます…
この暑さと車両から発する熱ですごいかも。。
顔つきが全然違う。。
現代から見れば空気はそこまで考慮されていない顔、
でも、、愛らしいというか、機械的ではない感じで、すごい良いですね!
やっぱり現代には必要な車両なんです!
真っ赤のテールを牽いて…
他と比べて大きめサイズの赤い印。
前から見ても後ろから見ても、やっぱり名車です!!
鋭い眼
0系とはかなり異なる目つき、登場時にはかなりのショックがあったのでは??
100系も復活塗装は叶うのでしょうか?
西カラー同士!
レールスターが追い抜き。。
その名の通り、確かに西の代表選手ですね!
 
レールスターについて悲しいニュースが飛び込んできまして、
九州新幹線開業後は順次レールスター運用から撤退、
こだま用になるとのことです。。
レールスターとしての運用はわずか12年程度となる見通しで、
新たな看板列車の誕生に期待したいところですが・・・

しかし、、500系もこだま用に着々と改造が進み、
100系の将来にも影が見え始めてきましたね・・・
こだまで8両、ガラガラにならないのか不安です。。


今日はここまで、残りもすぐに書き上げようと思いますので、、では!
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


コメント

0系…昭和の日本、いや世界の鉄道史を大きく変えた列車ですからね、さすがに220キロで44年間…がんばったものです。ここらでい引退させてあげないと0系本人が可哀想な気がします。でも、産業遺産として末永く実車の保存をして欲しいと思います。
[2008/08/17 00:02] URL | どこかの元部長 #- [ 編集 ]


元部長さん、こんばんは。
結構遅いですね・・・(-_-;)
確かに世界に激震をもたらしたと言えるでしょうね!
一気に200キロの壁をぶち破った功績は大きすぎます…
日本人の頑張りにはことごとく感心させられますよね。。
末永くの保存、実績を考えるとそうなるのは自然でしょうか。
いつまでも見ていたい、そんな風格を持つ車両ですね!
[2008/08/17 00:57] URL | 堀田行き急行 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://horitaikiexpress.blog18.fc2.com/tb.php/76-9adb9940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。